サウジアラビアの石油施設が攻撃された問題で、同国国防省は18日、イランが関与した証拠として、攻撃に使われたとする無人機(ドローン)や巡航ミサイルの残骸などを公開した。アラブメディアが伝えた。同省のマリキ報道官は記者会見で「攻撃はイエメンからは不可能で、イランの巡航ミサイルなどが使用された」と語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます