熊川哲也が新作バレエ「マダム・バタフライ」を振り付けた。プッチーニのオペラ「蝶々夫人」に想を得て、武家の娘と異国の軍人との悲恋を、踊り手の身体によって描き出す。熊川率いるKバレエカンパニーの、設立20周年という節目に挑む作品だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます