警察庁の栗生俊一長官が19日、富山市堀の富山中央署下堀交番を視察した。富山県警は、昨年6月に同市内の別の交番が襲われて警察官が殺害され、奪われた拳銃で民間警備員が射殺された事件を受け、交番内を強化ガラスで仕切るなどの対策を進めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます