決戦の朝。2人の何げない会話が、歴史の扉をノックしていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます