大量の水と安定した電気が必要な人工透析。インフラが破壊される地震などの災害に、透析医療を担う医療機関や透析患者はどう備えたらよいのか。宮崎県透析医会災害対策理事で、内科クリニック院長の盛田修一郎さんが、宮崎市で約80人の透析患者や家族を前に講演した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます