労働経済学者の山口慎太郎・東京大学准教授の「『家族の幸せ』の経済学」(光文社新書)が話題を呼んでいる。家族や育児を巡る俗説やモヤモヤを、海外のデータや自身の研究成果も紹介しつつ、経済学的に考察する。なぜ、待機児童の解消を急いだほうがいいのか。男性の育休取得を増やすにはどうしたらいいのか。山口さんに聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます