4年に1度のラグビー・ワールドカップ(W杯)が20日、東京スタジアムの日本―ロシア戦で幕を開けた。ベスト8を目標に掲げる日本で攻撃のタクトを振るのは、攻撃の軸となるスタンドオフ(SO)の田村優(ゆう、30)。巧みなパスとキック、そして強い心で引っ張った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます