日本陸上競技連盟は20日、27日にカタール・ドーハで開幕する世界選手権に、男子10種競技でいったんエントリーが認められなかった右代啓祐(国士舘ク)ら日本の5選手が追加出場すると発表した。国際陸連は各種目でエントリー選手の上限数を定めており、エントリー数が上限に満たない種目については、世界ランキングに基づいた招待枠を設定している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます