授業をボイコットして地球温暖化を食い止めるための行動を大人たちに迫る「学校ストライキ」を始めたスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)。20日、滞在中のニューヨークで世界一斉デモに参加した後、地元の若者が開いた集会に参加し、23日の国連気候行動サミットに向けて、世界のリーダーたちに気候危機への取り組みを促すよう訴えた。主な発言は以下の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます