大蔵流狂言師の五世茂山千作(しげやま・せんさく、本名茂山正義〈しげやま・まさよし〉)さんが21日午前6時30分、膵臓(すいぞう)がんで死去した。74歳だった。通夜は23日午後7時、葬儀は24日午後1時から京都市左京区正往寺町457の大蓮寺で。喪主は長男の十四世茂山千五郎さん。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます