卓球のアジア選手権の男子シングルスで、張本智和(木下グループ)が表彰台をつかんだ。準々決勝で鄭栄植(韓)を圧倒し、3―0で快勝。ここに、16歳が乗り越えた一つの壁があった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます