千葉県を中心に1万3千棟以上の住宅が被害を受けた台風15号。被害の大半が公的支援の手薄な「一部損壊」となりそうだ。過去の災害でも、救済の枠組みから外れた被災者への対応が課題となってきた。自治体からは、国の支援を拡充するよう求める声も上がっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます