他の人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙。対策はがん予防に欠かせないが、その目標値は国のがん対策の指針には盛り込まれなかった。ただし32道府県が、受動喫煙を最も受けやすい飲食店での数値目標を独自に設定していた。このうち秋田、宮城、茨城、兵庫の4県は「0%」の目標を掲げ、対策を進めている。朝日新聞が調べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます