国連総会に出席するためニューヨークを訪問していた韓国の文在寅大統領が25日、帰国の途についた。不正疑惑を抱えた側近の曺国(チョグク)氏の法相任命をめぐり批判が強まる中での訪米には、トランプ大統領との会談を通じて南北関係の停滞を打ち破りたい思いがあった。だが、専門家からは期待通りの成果はなかったとの見方が出ている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます