抗議デモが続く香港で、政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が26日、6月のデモ拡大後で初となる市民との対話集会を開いた。市民からは、警察のデモの制圧手法に違法性がないかを検証する独立調査委員会の設置を求める意見が相次いだが、林鄭氏は応じない考えを繰り返し、平行線で終わった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます