トヨタ自動車はスバルに追加出資する方針を固めたことがわかった。出資比率を現在の約17%から20%以上に引き上げ、経営への影響力がより強まる持ち分法適用会社にする。スバルからもトヨタに新たに出資する。トヨタはすでにスバルの筆頭株主だが、電動化や自動運転など次世代技術の開発をめぐり資本関係をさらに深める。27日の両社の取締役会で正式に決める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます