ベトナム戦争中の1968年、ベトナム中部旧ソンミ村で住民504人が米兵に殺害される事件があった。村の記念館の展示に、道に倒れてこちらを見つめる幼いきょうだいをとらえた有名な写真がある。長らく、2人は兄と弟で、その後殺されたとされてきた。だが10年にわたり、こう訴えてきた人がいる。「写っているのは私と妹。今も生きている」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます