米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、政府は工期と総工費について再試算する。埋め立て予定地の軟弱地盤対策で設計変更が必要になったため。試算結果を年内に公表したい考えだが、総工費は大幅に上積みされる見通しだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます