境内から山車を突き落として豊作を占う「本山(ほんやま)神事」が9月29日夜、山口県周南市の山崎八幡宮であった。斜面を引き上げられた約2トンの山車「本山」が、神事の後で勢いよく落とされると、見物客らが屋根につけられた縁起物の御幣や御神松を奪い合った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます