将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が30日、第69期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦で三浦弘行九段(45)に135手で勝った。三浦九段は名人挑戦権を争うA級順位戦に所属する実力者。藤井七段は史上最年少でのタイトル挑戦を懸けたリーグの初戦を白星で飾り、「いいスタートが切れた。大変な強敵ばかりなので、気を引き締めてやっていきたい」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます