昨年10月6日に築地市場が営業を終えて、まもなく1年。飲食店などが立ち並ぶ隣の「場外市場」のにぎわいに陰りが出始めている。仕入れのついでに立ち寄っていた人や日本人観光客が減っているためだ。「やっぱり築地と思ってもらえる場所にしたい」と、現場では活気を取り戻すための動きも出てきた。長野佑介…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます