銀髪の22歳がトップでフィニッシュラインを駆け抜けた。世界選手権初出場で男子200メートルを制したライルズは「ずっと世界チャンピオンになることを考えてきた。精神的にきつい時もあったけれど、今はほっとしている」と笑顔を見せた。レースは右隣のジェミリ(英)にリードを許したが、最後の50メートルで完全に抜き去った。「これまでいろんなレースをしてきた経験がものをいったね」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます