被災地に子どもの遊び場を――。倉敷市真備町地区で、親たちのグループが遊具をたくさん積んで昨秋から走らせた軽ワゴン車「プレーカー」。6月に車検が切れるなどして動かなくなっていたが、拠点となる空き地が見つかり、9月に再出発した。プレーカーに集まる子どもたちの歓声が戻った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます