9月29日、ソプラノ歌手の佐藤しのぶさんが61歳で亡くなった。軽みのある美声でありながら、ビブラートには聴く者をひきつけずにおかない独特の凄(すご)みがあった。ストーリーを知らなくても、歌詞の意味がわからなくても、声の力で作品の神髄を届けることがきっとできるはず。芸術の世界の前に、誰をも排除しない。そんな信念を感じさせる芯の通った舞台姿が、クラシックという枠を超え多くの人々の心に触れた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます