東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が虐待死したとされる事件で、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)の裁判員裁判が3日、東京地裁であった。検察側の証人として母親の優里(ゆり)被告(27)が出廷し、雄大被告が虐待をした理由について「しつけの歯止めがきかなくなったと思う」と証言。結愛ちゃんの生活態度への注意が虐待にエスカレートした経緯を語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます