かんぽ生命保険の不正販売問題を報じ、その後続編の放送を目指していたNHKの「クローズアップ現代+」の取材交渉を指して、日本郵政の鈴木康雄副社長(元総務事務次官)が「まるで暴力団」と発言していた問題で、NHKの木田幸紀放送総局長は4日の野党による合同ヒアリングで、「NHKとしては丁寧に取材交渉していたと認識している」と述べ、鈴木副社長が問題視していたNHK担当者の発言はなかったとの認識を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます