空間のゆがみが波として伝わる「重力波」を観測する大型低温重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」(岐阜県飛驒市)の完成記念会見が4日、富山市内であった。望遠鏡を造った東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長は「重力波でなければ見えない宇宙の姿を解明したい」と抱負を述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます