国連のグテーレス事務総長が今月、「気候変動対策は、止められない」と題した記事を、朝日新聞などに寄せた。自身が開催を呼びかけ、先月、米ニューヨークで開かれた気候行動サミットについて、「世界にショックを与え、(気候変動対策で)幅広い行動を加速するように仕掛けた」と指摘。若者、国連、ビジネス、政府、市民社会のリーダーら多くの人々や組織が行動を起こし始めていると述べたうえで、「成功するにはほかにも多くの人が対策を取る必要がある」などと訴えている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます