自民党の稲田朋美衆院議員が党役員人事で筆頭副幹事長から幹事長代行に昇格し、テレビ出演など表舞台に復帰しつつある。安倍晋三首相の側近として防衛相に抜擢(ばってき)されたが、自衛隊の日報問題で引責辞任し、求心力は失墜。重要ポストでの復権を狙うが、関西電力の金品受領問題に絡む献金疑惑も持ち上がり、多難なスタートとなった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます