ミャンマーで、デフ(ろう者)サッカーの広がりに日本人が携わっている。「アルビレックス新潟ミャンマーサッカースクール」のコーチたちが5年前、ろう学校で指導を始め、今では100人を超える子どもたちを教えている。代表チームをつくり、国際大会をめざすまでになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます