阪神・矢野監督の「勝負パンツ」効果は続かなかった。17日に都内で行われたプロ野球ドラフト会議。3球団が1位指名で重複した星稜高(石川)の奥川恭伸投手の交渉権はヤクルトが獲得、阪神はくじに外れて創志学園高(岡山)の西純矢投手を指名した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます