集落の外れ、小高い丘の上に1本の木を囲むように立つ見慣れぬ櫓(やぐら)。夏の頃から「木の伐採のため?」「掘削の足場?」と気になりながら歩いていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます