死者58人、行方不明者5人を出した長野・岐阜県境にそびえる御嶽山(3067メートル)の噴火災害から5年が経ちました。活火山の災害の恐ろしさと噴火予知の難しさを見せつける出来事でした。2014年9月27日に発生した大惨事の教訓は、他の活火山でも生かされているのでしょうか――。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます