心を病んで学校や職場に行けなくなった精神障害者の社会復帰を、フットサルを通じて支援する取り組みがある。チームで活動するうちに自信を取り戻し、復学や就労につながるという。彼らと共に汗を流し、回復する様子を見守ってきた精神科医の岡村武彦さんは「日本人はもっと遊びを大切にしよう」と提案する。なぜか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます