夕顔さんは、目が大きく黒目がちで、ほっそりと柳腰の女性だった。ぼくをじーっとみつめて「ほっぺたになにかついてるわよ、お兄さん」と手を伸ばしてきた。「ご飯粒ね」と微笑(ほほえ)む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます