トヨタ自動車の労使は9日、冬のボーナス(一時金)について話し合う協議会を開き、経営側が組合員平均の支給額を「128万円(3・5カ月分)」と回答した。トヨタ労使は毎年春の交渉で年間合計の賞与額を決めるのが通例だが、今年は経営側が夏季分のみを回答し、冬季分の回答は秋交渉に持ち越す異例の展開になっていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます