シリア内戦をめぐり、トルコ軍は9日、敵視する少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)が支配するシリア北部への越境作戦に踏み切った。過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦でYPGを支援してきた米国の対応が注目される。今回の軍事作戦はシリアの和平への影響も必至だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます