奥高野の1千メートルを超す山懐に抱かれた奈良県野迫川村。深い谷に湧く雲海を望み、「天空の國(くに)」を標榜(ひょうぼう)する村で、土日月曜に開く「昭和食堂」と民宿「雲海の里の宿」(同村柞原(ほそはら)、090・7961・8242)を営むのが泉本勝代(いずもとかつよ)さん(55)だ。来年4月の昭和の日に食堂で雲海写真展を計画している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます