トルコ軍がシリア北部で展開している少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)に対する越境軍事作戦をめぐり、トルコ国防省は9日夜(日本時間10日未明)、地上部隊の派遣に踏み切ったと発表した。派遣兵員の規模は明らかにしなかった。作戦は9日午後に始まり、空爆や砲撃が中心だったが、地上部隊が投入されたことで戦闘の拡大が懸念される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます