関西電力の幹部が、原発立地町の元助役(故人)から計3億2千万円分の金品を受領していた。原発マネーが電力側に「逆流」し、受領者には社長や会長も並ぶ。「一度に現金1千万円を渡された」「就任祝いの底に金貨があった」など、およそ想像できない話だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます