リチウムイオン電池の開発に貢献した研究者に与えられた今年のノーベル化学賞で、3人の受賞者枠に届かなかった日本人がいる。電池の正極にコバルト酸リチウムを使うことを最初に思いついた、東芝エグゼクティブフェローの水島公一さん(78)だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます