世界初の成牛の体細胞クローン牛として、1998年に石川県内で生まれた「かが」(黒毛和種、メス)が9日、死んだ。県農林総合研究センター畜産試験場が10日、発表した。21歳3カ月で、老衰による衰弱死だったという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます