体操の世界選手権第7日は10日、ドイツ・シュツットガルトで女子個人総合が行われ、2016年リオデジャネイロ五輪4冠のシモーン・バイルス(米)が、計58・999点で2年連続5度目の優勝を飾った。バイルスの世界選手権のメダルは通算22個目で、うち16個が金メダル。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます