「沈黙の病」と呼ばれる腎臓病の超初期に、何が起きているのか。重井医学研究所(岡山市南区山田)の古家野孝行研究員らは、腎臓の細胞が一定期間、自らの細胞分裂を一時停止し、懸命に自衛していることをマウスで突き止め、指標となるたんぱく質も見つけた。古家野さんは「診断や新しい治療薬の開発につながれば」と話す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます