台風19号の影響で宮城県大郷町では吉田川の堤防が決壊し、周辺一帯はあふれ出した泥水に襲われた。14日に現場を訪ねると、ブロック塀は倒れ、家の窓ガラスは割れ、車が横転。道路のアスファルトは断裂していた。吉田川は昔から「暴れ川」と言われてきて、危険を予想できただけに、住民には悔しさがにじむ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます