東海随一の繁華街、名古屋市中区の「錦三(きんさん)」地区。クラブや飲食店の一角に、イチゴづくしのショーケースが目を引く菓子店がある。一年中新鮮な国産イチゴを使うことにこだわる。生産量が激減する夏から秋にかけてもだ。産地から朝摘みが届くのを待って仕込みに入るため、早くても午後2時にしか店を開けることができない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます