公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン(CFC)」が、東日本大震災の被災地などで、低所得家庭の子どもが学習塾代に使える「スタディクーポン」の普及に取り組んでいる。経済格差が教育格差となり、貧困が世代間で連鎖するのを防ぐのがねらいだ。昨年度は被災者を含む600人以上を支援。大学生ボランティアによる電話面談で、身近な大人と関わる機会もつくっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます