体操の世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)が13日、閉幕した。日本は男子団体と、種目別平行棒の萱(かや)和磨(セントラルスポーツ)の銅メダル計二つという結果に終わった。男子団体で優勝したロシア、2位中国とは演技の完成度を示すE得点で差をつけられた形だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます