ノーベル文学賞が、スウェーデン・アカデミーの不祥事で2年分まとめて発表された。2018年はポーランドの作家オルガ・トカルチュク、19年はオーストリアの作家ペーター・ハントケに。新しい風は吹いたのか。翻訳家の鴻巣友季子さん、作家の松浦寿輝さんが語り合った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます