高島屋の村田善郎社長(57)が15日、朝日新聞のインタビューに応じ、苦戦する地方・郊外店について「百貨店は地域のインフラ(社会資本)。存続に向けて、万策尽きるまで手を尽くす」と強調した。同社は11日、港南台店(横浜市)の閉鎖と米子店(鳥取県米子市)の事業譲渡を発表したが、追加の撤退・縮小は避ける考えを示したものだ。顧客向けに信託サービスの提供を、来年にも新たに始めることも明らかにした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます